月別: 2018年4月

法律事務所に相談

不倫をされたときというのはとてもショックなものです。そのショックから立ち直って慰謝料を請求しようと思っても、具体的に何をすれば良いのか分からなくなってしまうことは多いでしょう。このようなときには法律事務所に相談をすることをおすすめします。

揉める法律事務所では浮気や不倫による慰謝料請求問題を相談することができます。これまでにたくさんの相談に応えてきた実績のある法律事務所に相談してください。実際に不倫の慰謝料請求をしてきた実績があり、この分野について専門的に扱っている事務所ならば、信頼できるでしょう。安心して相談することができるのです。

弁護士に任せると、たとえば訴訟をする際には代理人として行動してもらうことができます。裁判所への出廷や手続きなどはすべて任せてしまえます。浮気相手や配偶者との交渉についても弁護士に代理になってもらうこともできます。直接顔を合わせたくないという方もいるでしょう。そのような方のニーズにもしっかりと応えてくれるのです。

基本的に法律事務所への相談のみであれば無料で対応してくれるところが多いです。安心して相談をしましょう。気楽な気持ちで話を聞いてもらうと良いでしょう。そうすれば、しっかりと相談に乗ってくれます。

証拠を集める

不倫された場合の慰謝料を請求するためには、そもそも不倫の事実があったことを証明しなければいけません。そうしないと、証拠はないと言い逃れされてしまいます。訴訟をするにしても証拠は重要です。

男女の交わり基本的に法律において浮気や不倫の条件というのは肉体関係の有無となっています。そのため、不倫の証拠というのは肉体関係があったことを証明するものでなければいけません。たとえばラブホテルに出入りする写真や動画があるならば、それは明確な証拠となるでしょう。セックスをしている最中の写真や動画であれば、完全な浮気や不倫の証拠となります。

ただし、単に外を手をつないで歩いているだけでは証拠とはいえないでしょう。また、ラブホテルに入ってもすぐに出てきた場合は、性行為がなかったと判断されます。また、一夜限りの関係については不貞行為とみなされない可能性があります。基本的には複数回性行為があったことを証明しなければいけないのです。

不倫相手の自宅に出入りしているだけでは不倫だとは認められません。一緒に旅行している写真や動画だけでも証拠としては不十分でしょう。親密な仲であることを証明できるのですが、実際に性行為があったことを証明できないからです。性行為の有無を確認できるものが明確な証拠となります。


⇒⇒⇒法律事務所に相談

不倫相手を特定する

これから不倫による慰謝料を請求したいならば、不倫相手を特定することは大切です。配偶者が一体誰と不倫をしたのか分からなければ、その相手に慰謝料請求をすることはできないのです。慰謝料請求をする際には相手の住所に対して慰謝料を請求することを宣言する書面を送ることになります。それに対応しない場合には訴訟をすることになります。いずれにしても相手の正確な名前と住所が必要となるのです

示談金ただし、必ずしも不倫相手の情報が必要となるわけではありません。たとえば示談で解決するケースもあるからです。示談の場合は不倫相手を話し合いの場に来てもらい、そこでお互いが納得できる条件を合意して、示談書を作成することができれば、示談金を受け取ることができます。これで納得できるならば、その時点で慰謝料請求は終了したことになります。

それではどのようにして不倫相手を特定すれば良いのでしょうか。配偶者を問い詰めたとしてもきちんと答えてくれないかもしれません。探偵に依頼をしたり、いろいろな情報を集めて不倫相手を特定していくことになります。よほどのことがない限りは不倫相手の特定ができないというケースはほとんどないでしょう。まずはしっかりと不倫相手を特定してください。


⇒⇒⇒証拠を集める

不倫の慰謝料請求

ドレス結婚をするということは、生涯配偶者のことだけを愛し合うという契約をすることです。そのような約束をして結婚をしたはずなのに、実際に結婚生活を送るようになるとさまざまな問題が発生してしまうことがあります。配偶者に浮気されてしまうというのは、一番の裏切りといえるでしょう。これは不貞行為とされています。法律によって禁止されている行為なのです。もし配偶者に不貞行為をされてしまったならば、そのことについて慰謝料を請求することができます。そのような権利が認められているのです。

結婚相手の不倫が分かった瞬間というのは、最初はとてもショックでしょう。信じられない気持ちになってしまう方が多いです。しかし、次の瞬間からは結婚相手に対する恨みや憎しみの気持ちが強くなるのではないでしょうか。そして、最終的には慰謝料を請求したいと考えることも珍しくありません。結婚相手だけではなくて、夫婦関係をめちゃくちゃにした責任を浮気相手にも追求したいという方もいるでしょう。浮気をした二人ともに慰謝料を請求するというケースもあるのです

こちらでは実際に結婚相手が不倫をしていることが分かったときに、どのようにして慰謝料を請求するべきなのか、そのための方法について教えましょう。具体的にどのような行動を取るべきなのかを教えましょう。慰謝料を請求する際の参考にしてください。慰謝料の請求は当然の権利として認められていることです。しっかりと請求して精神的な苦痛を癒やしましょう。


⇒⇒⇒不倫相手を特定する